未分類

2021年3月28日中山競馬レース予想

投稿日:

中山1R C

注7ユメノシラベ

持ち時計は雨馬場を走ったメンバーには劣るが、ここ2戦の内容が良い。2走前は後方有利展開を先行競馬で2着、前走も逃げてしぶとく2着まで粘った。ここもスタートを決めて先行できれば粘れると見ます。

中山2R B

注7アルバトリア

2走前は詰まる不利がありながら6着と悪くなく、前走もチグハグな競馬になった分の7着敗戦。引き続きベスト条件の右回り小回りコースで、減量騎手起用でスムーズに捌ければ馬券内ある馬と見ます。

中山5R C

注5ファインディーヴァ

前走久々に使われて、見どころのある走り。血統的にも祖母の半兄に名種牡馬ミスターグリーリーがいる良血馬で、ダートよりも芝向きと思われる。調教の動きも良化しており、そろそろ激走あってもおかしくない。

中山6R B

◎12クインズレモン

〇10アジアノジュンシン

▲11リワードマレンゴ

★5クリノザウルス

△1,6,8,9,13,16

本命はクインズレモン。前走はレベルの高いレースで、走破タイムも優秀。乗り替わりもルメールJなら心配いらないだろう。休み明けになるが、アジアノジュンシンもこれまでの戦績から能力は高く、52㌔も有利。リワードマレンゴはかかり癖があり、新馬の内容からも距離短縮はプラスだろう。穴はクリノザウルス。ここ2戦は相手関係厳しく、18㌔増の休み明けを叩かれ、展開も向きそうなここは狙い目。

スポンサーリンク

中山9R B

◎10スルーゼブンシーズ

〇9エイシンチラー

スルーセブンシーズの前走は休み明けで20㌔増に加え、出遅れもありながら強敵牡馬相手に3着と強い内容。距離にも目途を立て、牝馬限定のここは信頼したい。エイシンチラーの前走は出負けして後ろからの競馬になったのが痛かったが、それでも勝ち馬とタイム差なしの3着好走。ここは距離延長がカギになるが能力でこなせそう。

中山10R B~C

◎10ハーモニーマゼラン

前走は出遅れながら上がり最速で追い込み3着と新味を見せた。本来は好位で競馬するタイプで、得意とする中山マイルで大崩れはなさそう。

中山11R

◎12ヒストリーメイカー

〇6アメリカンシード

▲5スワーヴアラミス

★14メモリーコウ

△3,4,7,8,11

下記全頭評価参照。

ヒストリーメイカー牡7 56.0 内田博
前走東京大賞典はオメガパフュームと0.1秒差の4着と好走。中央でも、クリンチャーやオメガパフューム、ヴェンジェンスなどと差のない競馬をしており、ここに入っても十分通用する。人気もしにくいタイプだけに、必ずおさえておきたい馬。

アメリカンシード牡4 55.0 ルメール

ダートに使われてからの3戦はほぼ馬なりで後続に差をつける余裕の勝ちっぷりで、このメンバーに入っても能力は上と思える馬。G1週にも関わらずルメールJ騎乗という点からも勝負気配や期待度の高さが伺える。おそらく単勝1倍台になるだろうと予想されるが、競馬に絶対はなく、極端にもまれたりスタートで後手を踏むなどのリスクも考えておきたいところ。

スワーヴアラミス牡6 57.5 松田

昨年の勝ち馬。近2走は調子を落として負けてはいるが、元の能力はここでも上位。1週前追切で自己ベストを更新してきたここは、調子を取り戻してきたと見て本命候補に。

メモリーコウ牝6 54.0 古川吉
牝馬ながら近2走牡馬のそこそこの相手に好走しており、54㌔で出られるここもチャンスありの馬と見ます。


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2021/1/24(日)中山競馬結果振り返り(次走注目馬など)

次走注目馬アルバトリア(4コーナーで狭くなる不利。次走も右回りで再度)サンズオブタイム(良馬場、距離短縮、内枠条件などで)アブソルティスモ(雨馬場不向き、良馬場変わりで)クインズサン(雨馬場不向き、良 …

no image

2021年11月28日(日)阪神競馬全レース予想

本日はジャパンカップデー!京阪杯は12Rなのでご注意を。阪神コースは先週の高速馬場とは異なり、その前週に近い馬場になっていそうなので、馬場読みには注意が必要です。 スポンサーリンク 阪神1R ◎⑫アグ …

no image

2021年東京、中京、小倉競馬全レース予想

簡易版になります。。。 東京1R◎3ララマカロン(芝での内容上位、ダートもこなす血統)◯12コーンフィールド▲14リワードマレンゴ★4ノックトゥワイス△1,7,8,11,16 東京2R◎6ミッキーセレ …

no image

毎日杯2021全頭評価

皐月賞への最終便の1戦だが、ダービーへ向けても賞金を加算できる重要な戦い。過去にも、クロフネ、キングカメハメハ、キズナなど数多くの名馬がここをステップに飛躍した。今年も少頭数ながら良血素質馬のグレート …

no image

桜花賞2021全頭評価(前編)

スポンサーリンク 牝馬クラシック第1弾となる桜花賞。三冠レースの中で最も距離が短く、スピードが求められるが阪神コースの最後の坂に耐え得るパワーも必要となってくる。今年は、阪神ジュベナイルフィリーズ1, …