未分類

弥生賞ディープインパクト記念2021全頭評価

投稿日:

3着までに皐月賞の優先出走権が与えられるレース。これまでに、ディープインパクト、スペシャルウィーク、シンボリルドルフなど数多くの名馬の通ったステップレース。近年は、直行ローテや共同通信杯などのローテが主流となってきており、今年もフルゲート18頭に対して12頭、重賞勝ち馬はダノンザキッドのみという小粒なメンバーとなった。
注目馬

ゴールデンシロップ・・・C
前走の勝ち時計は共同通信杯よりも早かったことで評価されている見方もあるが、ペースの違いでいきなり重賞でやれる馬とは思えない。父父Teofiloその父ガリレオから時計のかかる馬場が向きそうで、開幕2週目でまだスピード問われる要素が高いここは厳しいか。

シュネルマイスター・・・B
ここ2戦は相手に恵まれた印象もあり、ここが試金石の1戦。ルメールJは距離延長は歓迎とのコメントをしているが、血統的にはやはり距離2000よりもマイル向きの印象。能力の高さでどこまでやれるか。

スペシャルトーク・・・D
戦績や父リーチザクラウン母父キンシャサノキセキの血統的にも距離2000よりもマイル向きの印象。これまでのパフォーマンスからも重賞で通用するかと言われると厳しそう。

ソーヴァリアント・・・B
2戦目で1着入選しながらも失格となり、前走で未勝利突破。母は桜花賞3着馬ソーマジックで血統的にもクラスが上がってもやれそうな馬。重馬場経験もあり、今年のメンバーなら十分通用する馬と見ます。

タイセイドリーマー・・・B
仕上がり途上の中で新馬戦を勝利したが、2戦目は重馬場でノメったこともあり、4着。叩かれて調子が上がってくれば、矢作調教師の期待馬でもありここでも通用する能力はある馬と見ます。

タイトルホルダー・・・C
ここ2戦、断然人気模様のダノンザキッドに先着を許したが、大きくは負けていない。かかり癖があり、道中リラックスして走れればもっとやれそうだが、ここはテン乗り横山武Jとなり折り合い面がポイントになりそう。

タイムトゥヘヴン・・・C
3戦目の未勝利で2着馬に1.4秒差をつける楽勝し、京成杯も2着と健闘した。この馬も折り合い面に不安があり、そこが今回もポイントになりそう。距離2000も少し長い印象。

スポンサーリンク

ダノンザキッド・・・A
前走G1ホープフルSを勝ち、これで3戦無敗。賞金面で余裕はあり、余裕残しの仕上げで臨んでくるだろうが皐月賞へ向けてこのメンバーには負けられないところ。ただ、去年のコントレイルほど抜けた馬という印象はない。

テンバガー・・・C
前走京成杯は初重賞挑戦で展開も不向きなところがありながら3着と好走した。2歳戦であまり結果の出なかったモーリス産駒も3歳になり徐々に走るようになってきており、ここも軽視はできない1頭。

ホウオウサンデー・・・D
フルーキーの下で先々は走ってきそうだが、未勝利勝ちの時計も遅く一気に相手強化となる今回は厳しいか。

レインフロムヘヴン・・・C
前走フリージア賞は逃げてしぶとく粘り勝つ味のある競馬。かかり癖があり、脆さもあるので、スンナリ逃げが条件になりそうだが、それが叶えばここでもやれる能力はある馬と見ます。

ワンデイモア・・・B
前走は後方外有利馬場で恵まれた面もあったが、勝ち時計も悪くなく、評価して良い内容。前走5着のレッドヴェロシティも次走勝ち上がりを決めており、メンバーもなかなかレベルが高かった。ここも、そこまで人気はしなさそうな模様で人気妙味込みで面白い1頭。

無料予想ランキングに登録しているので、下記クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村

スポンサーリンク

-未分類
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

中山牝馬ステークス2021全頭評価(後編)

デンコウアンジュ牝8 56.0 柴田善・・・Cこのレース2年連続4着と馬券内まであと一歩の内容。ハンデ56㌔も背負いなれており、展開さえ向けば馬券内もみえてくる。 ドナアトラエンテ牝5 53.0 戸崎 …

no image

ダービー卿CT2021全頭評価(前編)

スポンサーリンク 安田記念の前哨戦の1つ。今年のマイル路線は混戦で、京都金杯や東京新聞杯も波乱の決着となっており、ここも荒れるムードが漂う。人気を集めそうなのは、前走重賞初勝利を飾り、目下3連勝中のカ …

no image

2021年12月18日(土)中山競馬全レース予想

スポンサーリンク 中山1R ◎⑭ムーンワード 前走は馬体が絞れ、ブリンカー着用で初の馬券内とレースぶりに進境が見られました。デビュー2戦目では同条件で重馬場とはいえ好時計で走破しており、力をつけた今な …

no image

スプリングステークス2021全頭評価(前編)

3着までに皐月賞の優先出走権が与えられるトライアルレース。過去にはタニノギムレットやネオユニヴァース、オルフェーヴルにキタサンブラックなど数多の名馬を輩出したレース。今年は重賞勝ち馬が1頭もいないとい …

no image

洛陽ステークス2021全頭評価

A・・・必ず買いたい馬 B・・・おさえておきたい馬(Bの中でも買いたい度でB+、B-の評価を追加しました) C・・・消したい馬 アルジャンナ牡4 55.0 川田・・・B+ダービー以来の約半年ぶりの1戦 …