未分類

AJCC2021予想

投稿日:

AJCC2021の枠順発表前、事前予想をしていきたいと思います。

ここは、好メンバーが揃い、見応えのある1戦となりそうです。ネット競馬の予想オッズになります。

現時点での予想を発表します。人気妙味を考慮した予想となっています。

◎アリストテレス
〇ラストドラフト
▲ステイフーリッシュ
★タガノディアマンテ
△ベストアプローチ、サンアップルトン
▽ウインマリリン、サトノフラッグ

アリストテレスは前走菊花賞でコントレイルの首差2着。これをフロック視する見方もあるが、相手なりに走る面があるため相手が強くなるほどパフォーマンスを上げるタイプとみる。血統的に初の中山も問題ないと思われ、レースでかかる面があることと今の特殊な馬場を考えてルメールJ騎乗はかなりプラスに働くと見て軸として信頼する。


〇ラストドラフトは一昨年の中日新聞杯から安定しており、崩れた2戦のうち、ケフェウスSは展開不利と体調面の問題、金鯱賞は前有利展開を後ろからとなってしまいいずれも情状酌量の余地あり。冬場に調子を上げるタイプで、1週前追切の動きもよく、昨年のAJCC杯も不利がありながら大外を回って3着と強い内容で、テン乗りに不安はあるも人気妙味も考えて対抗に。


▲ステイフーリッシュは間隔を空けたローテでより力を出せるタイプ。実際に、2カ月以上間隔を空けたローテでは、5回中4回馬券に絡んでおり、この中間はCWで自己ベストタイムをたたき出すなど、前走オールカマーSよりも明らかに状態は良いと見る。中山コースと相性も良く、ミッキーブリランテやエントシャイデンなど今年も絶好調の矢作調教師の勢いに乗る。


★タガノディアマンテはスタートがあまり良くなく出脚も速くないことから、後ろからの競馬となることが多かったが前走のステイヤーズSでは逃げて粘る新境地を見せた。長距離巧者に見られがちだが、中山の中距離の皐月賞やセントライト記念では後方から外を回るロスの多い競馬でも見せ場は作った。スタミナがあり今のタフな中山の馬場も向きそうな今回そこまで人気もしなさそうなので狙い目。


△はベストアプローチ、サンアップルトン。前者は前走に復調気配あり。人気ほど差はなく穴で警戒。後者も前走で力を示した。冬場に調子を上げるタイプで、速い足を使えないタイプから今の馬場も向きそう。


▽ウインマリリン、サトノフラッグは人気観点からも抑えまで。ヴェルトライゼンデ、ジェネラーレウーノ、モズベッロは怖いが点数が増えすぎるため無印とした。

次回は東海Sの考察をしていきたいと思います。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

阪神牝馬ステークス2021全頭評価

スポンサーリンク ヴィクトリアマイルの前哨戦となる1戦。人気を集めるのはディープインパクト産駒3頭になりそう。マジックキャッスルは前走愛知杯で初重賞制覇。クラシック戦線でも秋華賞2着、オークス5着と実 …

no image

2021年3月6日(土)阪神競馬全レース予想

1R ◎8ナムラコマチ 〇10メイショウホタルビ ▲7ドラマティコ ★5ラント △2,3,6 2R ◎16ロコポルティ 〇1メイショウテイダー ▲6テーオールソー ★14マラムレシュ △3,8,9,1 …

no image

2021年3月6日(土)中山競馬全レース予想

1R ◎11ペイシャクエーサー 〇7ウィズザワールド ▲10ラレイナ ★15デルマフゲン △2,5,6,12,16 ペイシャクエーサーの前走は案外だったが、2,3走前の中山でのレースではどちらも差し有 …

no image

桜花賞2021全頭評価(前編)

スポンサーリンク 牝馬クラシック第1弾となる桜花賞。三冠レースの中で最も距離が短く、スピードが求められるが阪神コースの最後の坂に耐え得るパワーも必要となってくる。今年は、阪神ジュベナイルフィリーズ1, …

no image

チューリップ賞2021全頭評価

3着以内に桜花賞優先出走権が与えられるトライアルレース。今年は、ソダシやサトノレイナスが直行ローテで桜花賞へ臨むことが発表されている。過去には数多くの名牝がここをステップに飛躍しており、注目の1戦。 …