未分類

2021年3月13日中山競馬場全レース予想

投稿日:

1R

◎2ジンジャーブラッド

〇8スティルライフ

▲3ホウオウハイエスト

★4バンブトンローズ

△9,12,13,15

2R

◎15イサチルプリンス

〇11クリオシタース

▲12カツノサンキュウ

★3タツセンジンムソウ

△2,5,7,13,16

イサチルプリンスは近走安定感を増してきており、今回も調教でラストハロンしまい12秒を切る時計を好時計を出しておりそろそろ決めたいところ。クリオシタースの前走はこれまでと変わって先行競馬ができたが、粘りが案外だった。今回ブリンカーを外すことがプラスに働けば。

3R

◎8ショウナンカホウ

〇4サプライズビュー

▲10ミエノハヤブサ

★5ロンコーネ

△9,11,13

ショウナンカホウは調教の動きが良化しており、持ち時計も上位でジョッキーも2度目の騎乗で信頼できる。

4R

◎9アップリバー

〇1ノアファンタジー

▲4ボレロ

★7ステラダイヤ

△6,8

アップリバーは勝ち切れないが安定勢力。2度目の条件で粘り込みを図る。ノアファンタジーも能力上位で中山1200も問題ないので、内枠を捌ければ。穴っぽいところではステラダイヤが調教良化しており、スピードもあり注意。

5R

◎2プレミアエンブレム

〇8コスモマイン

▲6ゲンパチリベロ

★5トピックス

△1,9,15,16

スポンサーリンク

6R

◎16インフォーマント

〇10ハッピーアナザー

▲11ワカミヤクオーレ

★9ボーンジーニアス

△1,2,3,4,7

7R

◎2ヴァイスメテオール

〇10アンダープロット

▲1モリノカンナチャン

★5セータステソーロ

△6,7,9

8R

◎9フレンドアリス

〇10オメガドーヴィル

▲16グラディオロ

★5セイラブミー

△1,2,11,14,15

フレンドアリスは湿った馬場が得意で、前走内容から復調気配にありここは穴で狙ってみたい。安定勢力オメガドーヴィルは右回りに対応できれば。地方からの転戦になるが、未勝利戦でも2着しており力をつけた今ならこのクラスでも通用するグラディオロ。初ダートの内容が良かったセイラブミーは道中力まずに走れれば。

9R

◎13フルデプスリーダー

〇11アルーフクライ

▲16カフェプリンス

★8アポロティアモ

△2,4,5,10,12,14

ここは混戦ムードの1戦だが、本命はフルデプスリーダー。本質は東京向き感もあるが能力は高く、中山もこなせる。カフェプリンスは得意の重馬場で馬体が絞れていれば注意が必要。

10R

◎12ジュニパーベリー

〇4グッドマックス

▲15フレッチア

★6センショウユウト

△1,3,5,13,14

11R

重賞予想バトルにて公開!注目はサトノダムゼル、シャドウディーヴァ、フェアリーポルカ、アブレイズ、ロザムールです!

12R

◎3アルムブラスト

〇1ショウナンバニラ

▲4リッチクレマチス

★7アカノニジュウイチ

△2,5,6,11,14


最強競馬ブログランキングへ
スポンサーリンク

-未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

毎日杯2021全頭評価

皐月賞への最終便の1戦だが、ダービーへ向けても賞金を加算できる重要な戦い。過去にも、クロフネ、キングカメハメハ、キズナなど数多くの名馬がここをステップに飛躍した。今年も少頭数ながら良血素質馬のグレート …

no image

フェブラリーS2021全頭評価(前編)

予想される人気も加味して、ABCD4段階で評価しました。 A:軸馬候補 B:相手には必ず入れたい C:抑えまで D:消し評価 [レース展望]過去10年で、2016年のモーニンが勝った年が勝ち時計が最も …

no image

桜花賞の軍資金稼ぎはこれだ~2021年4月10日新潟競馬レース予想~

スポンサーリンク 新潟1R C ◎13 セリシア これまで7戦して(0,4,2,1)で唯一の着外も4着と崩れたことのない馬。しかも相手関係がなかなか厳しい中でこの成績を残しており、未勝利はいつ突破して …

no image

金鯱賞2021全頭評価

1着馬に大阪杯の優先出走権が与えられるレース。今年は10頭の登録となったが、3冠牝馬デアリングタクトをはじめG1馬4頭に加え、ブラヴァスやポタジェといった良血上がり馬が出走する好メンバー。大阪杯や香港 …

no image

2021年10月10日(日)東京競馬全レース予想

スポンサーリンク 東京1R ◎⑤ヴィブラフォン ○⑨トゥルーブルー ▲④レッツリブオン ★②カランセ △1,6,12,15,16 ヴィブラフォンは2戦とも4コーナーで踏み遅れるロスがありながらも差のな …