未分類

2021年2月27日中山競馬全レース予想

投稿日:

中山1R

◎15ノボベルサイユ

〇4マザーフェイヴァー

▲12ハクサンタマテバコ

★9ブルーダイヤ

△2,6,10,14

ノボベルサイユ急仕上げの初戦を叩かれ、前走2戦目で勝ち馬とタイム差なしの2着とパフォーマンスを上げてきた。母は1000mダートで2勝しており、中山1200mダートも問題なくこなせると見てここは軸として信頼したい。マザーフェイヴァーは、初ダートだが調教でも楽に好時計が出ており、父ディスクリートキャットの産駒もダート短距離で優秀な成績をあげていることから、プラスになりそうで、いきなりやれても。
2はソエ気味、6は道中位置取りを下げてしまう点で評価を下げた。

中山2R

◎2トーセンチャールズ

〇15レッドアウレア

▲13フォートレスヒル

★4セザンテイオー

△3,11,14,16

トーセンチャールズは末脚堅実でここはかなり人気しそうだが、複系の軸としては信頼できる。セザンテイオーは前走初ダートで見せ場あり、今回中山良馬場が替わりでより持ち味が生きないか。先行力のある13,15を上位評価。

中山3R

◎5シーオブクラウズ

〇13レオンベルガー

▲16グランディス

★11スラップショット

△4,6,8,12

シーオブクラウズの前走は相手もそこそこそろっていた中で、控えて持ち味を生かせずの競馬となり、見直せる内容。2走前は逃げて、3着馬とはタイム差なしの4着に粘っており、逃げれればしぶとい馬で、それが叶いそうなここはチャンスありと見ます。レオンベルガーは勝ちきれないが、安定感はあり、1200mへの距離短縮は+とは言えないが、それでもこのメンバーなら上位か。前走砂かぶりを嫌がった16が今回外枠をひけたので、上位評価。

中山4R

◎1スズノイナズマ

〇11スーパービーム

▲13トーセンエディ

★12ワールドマックス

△3,7

スズノイナズマの前走は内枠で位置取りを下げる厳しい競馬となりながらも、最後は良い伸び脚を見せていた。2走前3着した中山1800mダートは合っており、スムーズに先行できればやれそう。先週穴馬を複数持ってきた原Jにも期待したいところ。ワールドマックスの前走は出遅れがありながら7着と見せ場はあった。中山1800ダートは合うとみて、慣れが見込める今回さらにやれないか。

中山5R

◎7スターオブエイジア

〇15クライミングリリー

★2フクノグラーティア

▲9スマイルフェアリー

△1,4,5,12,16

スポンサーリンク

中山6R

◎14ベルウッドエオ

〇8アシュラム

▲2サーストントラスト

★16タカラネイビー

△4,5,9,10,11,13

ベルウッドエオ前走は4コーナーでかなり外を回らされながら、4着まで追い込んだ内容は評価できる。ルーラーシップ産駒で器用さに欠ける面があり、信頼は置きづらいが、能力はある馬との評価です。

中山7R

◎6ディールクルム

〇10メイショウムラクモ

▲8シンヨモギネス

★4フィールザワールド

△2,7

ここはハイレベル黒竹賞組を評価して、印を打ちたいところ。ディールクルムはここは人気必至だが、この馬には逆らえなさそう。出遅れて、道中ポジションを上げていきながら堅実に差し込むタイプで、前走もあと一歩の敗戦。2走前に敗れたラペルーズは次走ヒヤシンスSを快勝しており、その他の馬も軒並み次走好走している馬が目立っており、走破時計も良馬場で1分54秒台と優秀で、捌きやすい頭数のここは決めたいところ。

中山8R

◎9カウンターエア

〇12リンガスウォリアー

▲4コスモオリ

★15サンオブロジータ

△8,10,13

カウンターエアはオルフェーヴル産駒らしく気性に難しいところがあり、去勢によって能力を出せるようになってきた。かなりの大型馬だけに馬体重が増えすぎると良くないが、調教も動けており、ここは本命に。転厩初戦となるが、2走前の内容がよかった15に注意。

中山9R

◎9マカオンドール

〇5アサマノイタズラ

▲4テンカハル

★2レッドヴェロシティ

△6,8,10,11

マカオンドール前走ホープフルSは出遅れて、直線荒れた内を回る厳しいレースとなった。2走前京都2歳Sも直線詰まる不利がありながらも3着しており、実力はここでは上位。横山武J乗り代わりもプラスに働きそうで、ここは巻き返せる番。

中山10R

◎8アップライトスピン

〇4エトワール

▲5フォワードアゲン

★6ダディーズマインド

△7,9

アップライトスピンはヒシイグアスやレイパパレなど強敵相手に差のない競馬をしてきており、ここでは上位。東京の方が良さそうだが、中山でも問題なくここは本命に。

中山11R

◎1ウインカーネリアン

〇5オールイズウェル

▲3ニシノカツナリ

★7アドマイヤスコール

△8,10,13

中山は皐月賞4着の好相性舞台で、前走敗れたカラテも次走重賞を勝っており、鹿戸調教師も自信を持つここは本命に。堅実な5,3,7の順に評価。

中山12R

◎9レッドランサー

〇15ナイスプリンセス

▲13ベイビーボス

★7ミッキーハイド

△3,5,6,7,11

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2021年1月30日(土)中京競馬レース回顧、次走注目馬

次走注目馬 ルペルカーリア(休ませて良化、超良血馬の伸びしろに期待) フィロス(小回りコース替わりで注意) 中京1R注目馬のサイモンルピナスは3着、エリカシャンスは11着。前者はブリンカー着用で外枠を …

no image

2021年2月27日小倉競馬全レース予想

小倉1R ◎12マンヌポルト 〇6ベルゼール ▲15グルナピーク ★2グラスピレ △4,8,11,13 マンヌポルトは新馬2着以降結果が出ていないが、素質は確かで、キレる脚がなく、調教も動けており、血 …

no image

2021年3月27日(土)阪神競馬予想

レースを絞って、勝負度A~Cでランク付けしていきます。 阪神2R C◎14リッケンバッカー◯12マイネルエニグマ▲1ルーチェビアンカ リッケンバッカーの前走はチグハグな競馬となったが、それでも4着は力 …

no image

フェブラリーS2021展望・過去10年分析

過去10年の1~3着馬・馬齢・枠順・馬体重・ローテ・血統 ◆リピーターの活躍が目立つ 過去10年で、3着以内に2回以上来たことのある馬が6頭。 ・ワンダーアキュート(2012年3着、2013年3着) …

no image

[引退]蛯名正義これまでの功績~調教師へ

プロフィール届かなかったダービーへの夢凱旋門賞勝利へ最も近づいた日本人ジョッキー数々の名馬との出会い最後に~調教師になってからの夢~ プロフィール 【生年月日】1969年3月19日(51歳)※2021 …