未分類

2021年10月10日(日)東京競馬全レース予想

投稿日:

スポンサーリンク

東京1R

◎⑤ヴィブラフォン

○⑨トゥルーブルー

▲④レッツリブオン

★②カランセ

△1,6,12,15,16

ヴィブラフォンは2戦とも4コーナーで踏み遅れるロスがありながらも差のない競馬をしており、能力上位と見ます。長く良い脚を使うタイプで、東京コースに替わるのはプラスで鞍上も福永Jに強化してきたここは好勝負になると見ます。

トゥルーブルーの前走は直線でぶつけられる大きな不利がありながらも、怯むことなく伸びてきており、勝負根性を見せました。テンションが上がりすぎなければここでも十分にやれると見ます。

レッツリブオンはこれまで3戦とも距離を変えて使われてきましたが、いずれも馬券内に入るセンスの良さを見せています。東京1400mという条件は良く、調教の動きも申し分なく、捌き一つで勝ち負けになると見ます。

穴目ではカランセ。放牧で立て直した効果が伺え、初戦で見せたスピードが距離短縮でさらに活きると見ます。

東京2R

◎⑦ケイアイユニバース

○⑭フジシラユキヒメ

▲①ニシノアナ

★⑩トウカイファクター

ケイアイユニバースは芝ではあと一歩足りない印象で兄が2勝をあげているダートに替わってひと押しを。

フジシラユキヒメは父パイロからもダートに替わってさらにやれると見ます。外目から先行できれば減量をいかして粘り込みも。

ニシノアナは調教の動きからもっとやれる馬です。距離延長はプラスで、馬具を工夫した効果で変わっても。

トウカイファクターの前走は芝が合わなかった印象。初戦はダートでしたが、距離が短かかったので距離延長のここは前進が見込めます。

東京3R

◎⑧レッドランメルト

2戦目の上積みが見込め、東京コースに替わるのもプラスになるここは好勝負に。

東京4R

◎②ラスール

東京5R

◎⑩チェルノボーグ

東京6R

◎⑯イサチルプリンス

○⑫ミカンサン

▲⑬ヴァルゴスピカ

★⑥マイグレーション

注④アドラツィオ―ネ

イサチルプリンスは3走前の東京1400m戦で出遅れて大外ぶん回しの競馬で5着が好内容でした。その時の上りは35.8秒を使っており、末脚はここでも上位と見ます。近走は出遅れが目立つため、ゲート最後入れの大外枠を引けたのもプラスで、中団あたりに付けられれば差してこれると見ます。

ミカンサンは前走は距離が長かった印象。ベスト条件に戻り、外目の枠を引けたここはチャンスありと見ます。

ヴァルゴスピカは前走スムーズさを欠く場面がありながらも、8着は悪くない内容でした。放牧でリフレッシュして、仕上がりは上々で、外目の枠から先行できそうなここは好勝負可能と見ます。

マイグレーションはリフレッシュ効果と、距離延長ですんなり先行できればやれると見ます。

東京7R

◎⑩アルマドラード

○④シゲルオテンバ

▲②カナロアガール

★③セルジュ

アルマドラードはダートで勝ち上がりましたが、兄にレイデオロがいる血統で芝でも十分にやれるはずです。良馬場の芝では、トゥーフェイスやエクセレントタイムと差のない競馬をしており、その当時よりも力をつけた今ならここでも十分通用すると見ます。

シゲルオテンバは骨折明けになりますが、調教の動きからも仕上がっている印象です。右回りの方が実績がありますが、赤松賞は荒れた内を通った分の影響もあったと思います。開幕週の馬場ならもっとやれていい馬と見ます。

カナロアガールは休み明けになりますが、この条件は得意舞台で末脚は上位のものを持っています。チークP着用で行きっぷりが良くなれば好走もあると見ます。

セルジュは近走恵まれない競馬が続きますが、東京コース良馬場に替わるのは魅力です。

東京8R

◎②ダノンラスター

ダート適性は高く、不安は間隔の詰まったローテだけですが、堀調教師が出走を決めたということは問題ないと判断したいです。

東京9R 六社S

◎⑩フィリオアレグロ

青葉賞3着馬が本格化したと見ます。

東京10R

◎⑬ヘリオス

先行すればしぶとい馬で、ここは展開利が見込めます。

東京11R 毎日王冠

◎⑦ダノンキングリー

○⑤ポタジェ

▲①シュネルマイスター

★⑩ケイデンスコール

△3,8,12

ダノンキングリーは東京1800mはベスト条件。調整過程は安田記念よりも順調に見え、瞬発力勝負なら1枚上と見ます。

ポタジェはこれまで馬券内を外したことがないように、相手なりのタイプ。仕上がりも上々でここに入っても見劣りしません。

シュネルマイスターは能力は認めますが、前哨戦でやや仕上がり途上の印象で、3番手に。

ケイデンスコールはやや距離が長い印象ですが、高速馬場への適性はあり、調教の動きも絶好でつけ入るスキはあると見ます。

東京12R

◎⑦フクウン

○⑮サンキーウエスト

フクウンは末脚はかなりいいものを持っており、横山武Jならその良さを引き出してくれそうで、昇級でも期待します。

サンキーウエストは休み明けでも仕上がりは良く、得意の舞台に替わり巻き返しに期待します。


最強競馬ブログランキングへ

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

毎日杯2021全頭評価

皐月賞への最終便の1戦だが、ダービーへ向けても賞金を加算できる重要な戦い。過去にも、クロフネ、キングカメハメハ、キズナなど数多くの名馬がここをステップに飛躍した。今年も少頭数ながら良血素質馬のグレート …

no image

桜花賞の軍資金稼ぎはこれだ~2021年4月10日新潟競馬レース予想~

スポンサーリンク 新潟1R C ◎13 セリシア これまで7戦して(0,4,2,1)で唯一の着外も4着と崩れたことのない馬。しかも相手関係がなかなか厳しい中でこの成績を残しており、未勝利はいつ突破して …

no image

マーチステークス2021全頭評価(前編)

ハンデ戦らしく過去の結果からも荒れる重賞。今年は上がり馬アメリカンシードが断然の人気を集めそう。他にも、スワーヴアラミスやハヤヤッコ、ナムラカメタローなど重賞でも結果を残している馬もおり、今後に向けて …

no image

大阪杯2021全頭評価(前編)

スポンサーリンク 2017年よりG1に昇格し、春の中距離王を決める1戦。近年は、長距離G1天皇賞春よりも大阪杯に出走する馬が多くなり、格式高いG1になってきた印象。今年は、前評判では、昨年の三冠馬コン …

no image

中山記念2021全頭評価(後編)

トーセンスーリヤ 牡6 56.0 横山和・・・B展開不向きの宝塚記念で7着、札幌記念6着の戦績はここでは上位の評価できる内容。今回休み明けの1戦で仕上がりには注意したいが、開幕週の馬場でしぶとく粘りこ …