未分類

金鯱賞2021全頭評価

投稿日:

1着馬に大阪杯の優先出走権が与えられるレース。今年は10頭の登録となったが、3冠牝馬デアリングタクトをはじめG1馬4頭に加え、ブラヴァスやポタジェといった良血上がり馬が出走する好メンバー。大阪杯や香港への前哨戦で仕上がりがポイントになりそう。また、少頭数でペースも落ち着きそうなだけに展開も考慮して予想したいところ。

キセキ牡7 57.0 Mデムーロ・・・B
2走前ジャパンカップは大逃げをうち、直線半ばまであわやと思わせる内容。全盛期に比べると能力低下は認めざるを得ないが、それでも条件さえ合えばG1で好走できる能力のある馬。距離短縮で折り合い面の不安は緩和される今回、ゲートがカギになりそう。

ギベオン牡6 56.0 西村淳・・・D
昨年からパフォーマンスが上がらず、オープン戦で掲示板がやっとの状況で、一気の相手強化の今回は厳しいと見ます。

グローリーヴェイズ牡6 57.0 川田・・・A
前走ジャパンカップは上位3強に迫る内容で、直線内にもたれた分厳しくなったが、高い能力を示した。叩き良化型で次走香港を見据えるだけに仕上がりには注意したいが、デアリングタクトとの斤量も2㌔縮まり、当然主役候補の1頭。

サトノフラッグ牡4 56.0 ルメール・・・C
前走AJCC杯は初の古馬との対戦だったが、かなりの道悪で厳しい競馬になった。現4歳世代はコントレイル、サリオス、アリストテレスを除いた馬たちは低レベルで古馬との対戦で結果を残せておらず、ここでも厳しい競馬を強いられそう。

サンレイポケット牡6 56.0 秋山・・・C
中京コースは得意舞台で、重賞でも通用する馬だが、後方からの競馬となる点で開幕週の馬場とG1級の相手との勝負となり勝ち負けまでは厳しいか。

スポンサーリンク

ジナンボー牡6 56.0 ○○・・・C
ディープ×アパパネという超良血馬で天皇賞(秋)7着の内容からもここでも通用する能力はある馬。大阪杯からの比較的間隔の短いローテと引き続き輸送競馬となる点が課題。

デアリングタクト牝4 55.0 松山・・・B
3冠牝馬の今年の始動戦。余裕残しの仕上げで挑むだろうが、ここは現役最強牝馬として負けたくないだろう。揉まれにくい少頭数は歓迎で、開幕週でスロー予想の競馬にどう対応するか今後の真価が問われる。

ブラヴァス牡5 56.0 福永・・・C
母にG1馬ヴィルシーナを持つ良血馬で成長力のある血統だが、前走チャレンジカップを見てもまだ一線級相手となると差がありそう。一週前追い切りも軽めで強調材料に欠ける。

ペルシアンナイト牡7 57.0 大野・・・C
前走有馬記念は適性より長い中、7着と健闘。叩き良化型だが、1週前追い切りの動きは良くいきなりからやれそうな仕上がり。ここはスローペースになりそうなので、ある程度前めのポジションで流れに乗れれば勝ち負けは難しくても馬券内の可能性はあり。

ポタジェ牡4 56.0 北村友・・・C
姉にルージュバックを持つ良血馬でこれまで8戦5勝2着3回というパーフェクト戦績。ただ、これまでは戦ってきた相手が弱く、初の古馬一線級との対決で人気もそこそこしそうなので積極的に買いたい馬ではない。


最強競馬ブログランキングへ
スポンサーリンク

-未分類
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フェブラリーS2021全頭評価(前編)

予想される人気も加味して、ABCD4段階で評価しました。 A:軸馬候補 B:相手には必ず入れたい C:抑えまで D:消し評価 [レース展望]過去10年で、2016年のモーニンが勝った年が勝ち時計が最も …

no image

桜花賞2021全頭評価(後編)

ストゥーティ牝3 55.0 岩田康誠・・・D 前走チューリップ賞は上手く乗られてギリギリで権利取得できたように、現状でG1では力不足か。立ち回りの良さをいかせる内めの枠をひけてどこまでやれるか。 スト …

no image

ニュージーランドトロフィー2021有力馬診断

NHKマイルカップの前哨戦で3着までに優先出走権が与えられるために、まずは3着以内に入ることが重要となってくる。今年も抜けた馬がおらず、混戦ムード。人気を集めそうなのは、朝日杯FS4着のバスラットレオ …

no image

スプリングステークス2021全頭評価(後編)

ボーデン牡3 56.0 川田・・・A前走未勝利戦は2着に6馬身差をつける余裕のある勝ちっぷりで、勝ち時計1分45秒2はこれまでの3歳限定の東京1800mのレコードタイムを0.8秒上回る破格のタイム。母 …

no image

桜花賞の軍資金稼ぎはこれだ~2021年4月10日新潟競馬レース予想~

スポンサーリンク 新潟1R C ◎13 セリシア これまで7戦して(0,4,2,1)で唯一の着外も4着と崩れたことのない馬。しかも相手関係がなかなか厳しい中でこの成績を残しており、未勝利はいつ突破して …