未分類

皐月賞2021予想_全頭評価(前編)

投稿日:

牡馬クラシック第1弾。中山で行われるため、紛れも多く立ち回りの上手さが要求されるレース。週末は雨予報が出ているため、馬場状態もカギになりそう。近2年はホープフルSからの直行組が勝利しており、昨年2着のサリオスも朝日杯FSからのローテ。今年の桜花賞も阪神JFからの2頭のワンツーで決まっており、トライアルを使わず直行ローテの好走率が高いことには注意しておきたいところ。人気は、エフフォーリアとダノンザキッドに集まりそうだが、別路線組のディープモンスター、ヴィクティファルス、ステラヴェローチェなどどの馬にもチャンスありの難解な1戦。

スポンサーリンク

アサマノイタズラ・・・C
牡3 57.0 嶋田 美浦手塚

スプリングステークス2着で権利を取り、追加登録料200万を払っての出走。前走は雨馬場も向いたが、早めに仕掛けられながら最後までしっかりと伸びて2着まで来た点は評価できる。週末の雨予報はこの馬にとっては恵みの雨で、中山コースも合うので、あとはG1初騎乗の嶋田Jが上手く乗れるかどうか。(おそらく難しい)

アドマイヤハダル・・・C
牡3 57.0 ルメール 栗東大久保

岩田J予定が、オーソクレースの回避によりルメールJに乗り替わりとなり物議をかもしている。勝負事なので仕方ない事かもしれませんが、ルメールファーストの風潮は続きそう。この馬の前走はメンバーレベルに恵まれたが、2着馬に0.5秒差をつけており、力が違った印象。先行力があり、立ち回りも上手いので中山2000mは合う舞台。近親にはダートで活躍する馬も多く、力のいる馬場もこなせそう。

イルーシヴパンサー・・・D
牡3 57.0 大野 美浦久保田

かかり癖ある馬で、前走も引っかかった分最後伸びあぐねた印象。メンバーが強くなり追走はしやすくなるかもしれないが、前走から距離延長は少しマイナス。血統的にも母は短距離路線で活躍しており、近親のステラロッサも1800m巧者、ダイレクトキャッチも1800m以下を得意としておりこの馬も1800mぐらいがベストという見立て。

エフフォーリア・・・B
牡3 57.0 横山武 美浦鹿戸

3連勝で共同通信杯を制し、ダノンザキッドと並び1番人気が予想される馬。その前走は、2着馬ヴィクティファルスが次走スプリングステークス1着、3着だったシャフリヤールが次走毎日杯をレコード勝ちし、朝日杯2着のステラヴェローチェも負かしていることから評価がうなぎ登り。2走前は馬群の中で脚を溜める競馬ができたが、これまで3戦は7頭立て、8頭立て、12頭立てと比較的頭数の少ないレースしか経験してないだけに、多頭数でもまれた際の不安はある。大トビで長く脚を使うタイプだけに小回りコースもプラスにはならないだろう。

グラティアス・・・C
牡3 57.0 Mデムーロ 美浦加藤征

2戦2勝で京成杯を制覇。ただここ2戦は展開に恵まれた面もあり、京成杯もメンバーレベルに疑問あり。荒れた馬場の最内を伸びたようにパワーはあるのでここも内目の枠を引いて立ち回りの上手さをいかす競馬をしたい。

シュヴァリエローズ・・・D
牡3 57.0 三浦 栗東清水久

前走はアドマイヤハダルに完敗しており、ホープフルステークスを見ても上位勢とは少し差がある印象。またここ2走の最後の伸びを見ていると2000mは少し長い印象で、雨で良さが出るタイプでもなさそうなので馬券内となると厳しいか。

タイトルホルダー・・・C
牡3 57.0 田辺 美浦栗田

前走は横山武Jの好騎乗と、他馬が仕上がり途上だった点で恵まれた面も大きかった。切れるタイプではないだけに週末の雨で時計がかかる馬場になるのは歓迎。もまれると良くない馬なので、同型との兼ね合いがカギになりそう。


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク

-未分類
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

2021年4月3日阪神競馬レース予想

スポンサーリンク 阪神1R C◎12タガノマーチもともと芝でも強い相手に善戦していたが、前走初ダートで4着と適性は見せた。祖母のタガノチャーリーズはダート活躍馬を多数輩出しておりこの馬も血統からもダー …

no image

2021年2月5日(土)平場注目馬(穴馬も入れてます)

東京2Rレオンベルガー(ルメール)前走はそこそこ相手もそろったレースで、出遅れに加え、道中も外めを回る厳しいレースとなった。スタートが課題だが、決め手は確かで距離短縮も問題にならないだろう。ルメールJ …

no image

フラワーカップ2021全頭評価(前編)

賞金が足りない馬にとっては、桜花賞出走への最終便。ここで賞金を加算すればオークスへの出走も見えてくるだけに、どの馬も2着以内に入りたいところ。過去には、ダンスインザムードやシーザリオなどを輩出しており …

no image

阪急杯2021全頭評価(前編)

インディチャンプ、レシステンシア、ダノンファンタジーなど好メンバーが揃った1戦。前哨戦ということで仕上がりには注意したいところ。内回りコースなので、内目の枠を引いて上手く立ち回れる馬が有利になりそう。 …

no image

阪神大賞典2021全頭評価(後編)

タイセイモナーク・・・D前走3200m戦で2着、過去にも3000mの万葉ステークスで2着と長距離適正は高い。ただ、ここは一気に相手強化され別定戦で斤量も前走から2㌔増えるので余程展開で恵まれなければ厳 …