未分類

毎日杯2021全頭評価

投稿日:

皐月賞への最終便の1戦だが、ダービーへ向けても賞金を加算できる重要な戦い。過去にも、クロフネ、キングカメハメハ、キズナなど数多くの名馬がここをステップに飛躍した。今年も少頭数ながら良血素質馬のグレートマジシャンや兄にアルアインを持つシャフリヤール、先日急死したシーザリオの子ルペルカーリアなど将来性の高い馬がそろっており、見ごたえのある戦いが見られそう。

ウエストンバート・・・C
前走は初めての芝レースで、未勝利にしてはハイレベルレースでの勝利。父にマジェスティックウォリアーを持ち、530㌔を越す大型馬でパワー型のタイプ。ここは、阪神外回りの1800mで瞬発力が問われるだけに適性とは異なるか。雨などで時計がかかない限りは…。

グレートマジシャン・・・A
前走セントポーリア賞は後方待機から1頭だけ上がり33秒台前半の脚を使い勝利する能力の違いを見せつける内容。しかも、骨膜炎気味の万全ではない調整過程の中でのもので、スケールの大きさを感じさせられた。よくなるのは先だろうが現時点でも十分に高い能力があり、ここは今後のためにも絶対に賞金を加算しておきたいところ。

シャフリヤール・・・B
前走共同通信杯はデビュー2戦目で初の関東輸送と厳しい条件となりながらも3着と能力は見せた。2着ヴィクティファルスも次走スプリングステークスを勝利しており、ステラヴェローチェが5着に敗れていることからもレースレベルは低くない。全兄アルアインもこのレースを制しており、舞台としては悪くなく、馬券内には絡んできそう。

タイセイドリーマー・・・C
これまで3戦とも2000mに使われてきたが、どれも2分4秒台の走破時計。スピードよりは、パワー型の印象でここは瞬発力勝負では分が悪い。

ダディーズビビッド・・・C
これまで使われてきたマイル戦でのパフォーマンスは悪くない。かかり癖があるので、200mの距離延長が課題で、血統的にも1800mよりもマイル向きの印象。

スポンサーリンク

ディープリッチ・・・D
デビュー戦を不良馬場で勝利した昇級後は頭打ちの印象。ここも良馬場の瞬発力勝負になると辛い。

プログノーシス・・・C
初戦は既走馬相手に余力を残しての勝利で味のある内容。馬場の良いところを通る川田Jの好騎乗もあった。ここは、一気の相手強化でそう簡単にはいかないだろうが、通用してもおかしくない馬ではある。

マリアエレーナ・・・C
シンザン記念5着の内容からも牡馬相手でも通用する能力はあるが、ここは相手が強く、距離延長も歓迎とは言えない。小柄な馬の輸送競馬後のレースで、馬体重には注意したいところ。

ルペルカーリア・・・B
母にシーザリオを持ち、兄弟にも多数の種牡馬が出ている超良血馬。デビュー戦は敗れたが、2戦目で勝利を手にし、成長力を見せた。ここは、一気の相手強化で現時点の未完成の状態でどこまで通用するか。(血統面からも少し過剰人気になりそうな感はあります)

レヴェッツァ・・・D
これまでの戦績からもこのメンバーではさすがに厳しいか。

ロジローズ・・・C
新馬戦は上がり最速の脚を使っており、瞬発力はそこそこありそう。血統的にひと雨あればおもしろそう。


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク

-未分類
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フェブラリーS2021全頭評価(後編)

スマートダンディー 牡7 57.0 秋山・・・C前走も詰まる不利があり、距離1400mならこのメンバーでも面白いと思えたが、1600mは条件戦でも取りこぼしていたように、やはり長い印象。人気はしなさそ …

no image

洛陽ステークス2021全頭評価

A・・・必ず買いたい馬 B・・・おさえておきたい馬(Bの中でも買いたい度でB+、B-の評価を追加しました) C・・・消したい馬 アルジャンナ牡4 55.0 川田・・・B+ダービー以来の約半年ぶりの1戦 …

no image

高松宮記念2021全頭評価(後編)

ダイメイフジ牡7 57.0 菱田・・・D近走はオープンクラスで好走するのがやっとの状況で、ここは同型も多く相手も強化され、厳しいか。内枠引いてどこまでやれるか。 ダノンスマッシュ牡6 57.0 川田・ …

no image

日経賞2021全頭評価(後編)

ダンビュライトセ7 56.0 松若・・・C前走京都記念は、去勢後初めて馬券内に絡んだが展開やトラックバイアスに恵まれた部分も大きかった。ここも先行力に警戒は必要だが、前走よりも恵まれた展開にはならなさ …

no image

2021年3月27日中山競馬レース予想

中山2R C ◎8キュムロンニンバス 注4サクラトップクロス 本命は人気だが、キュムロンニンバス。前走は休み明けで+22㌔ながら上がり最速で追い込み3着。4着とは6馬身差をつけており、走破タイムも優秀 …