未分類

桜花賞2021レース展望 過去10年の傾向

投稿日:

スポンサーリンク

今年の出走馬⇒ソダシ、サトノレイナスに人気集まるも混戦ムード

今年の上位人気は阪神ジュベナイルF組のソダシ、サトノレイナスが集めそう。ただ、そこまで抜けた存在ではなく、クイーンS組のアカイトリノムスメ、アールドヴィーヴルやチューリップ賞組のメイケイエール、エリザベスタワーなども差はなく、混戦ムード。

枠順、脚質⇒外枠、差し有利傾向

枠順は過去10年3着以内に来た30頭のうち、1~8番枠は10頭、9~18番枠が20頭とダブルスコアで外枠有利傾向。開催が進み馬場も荒れてきていることが影響していると考えられる。脚質に関しては差し有利傾向。過去10年で、逃げて勝ったのは、2015年のレッツゴードンキのみで1000m通過62.5秒と超スローペースだった。

ローテーション⇒チューリップ組が圧倒も、近年は間隔をあけた直行ローテ組の好走目立つ

過去10年の3着以内に入った30頭のうち、18頭が前走チューリップ賞組と圧倒。これまではチューリップ賞から桜花賞が王道ローテだったが、近年は牧場施設の充実もあり、間隔を空けたローテが主流になってきつつある。2018年勝ち馬アーモンドアイはシンザン記念からの直行、2019年勝ち馬グランアレグリアは朝日杯FSからの直行で、昨年の勝ち馬のデアリングタクトもエルフィンステークスからとなっている。

血統⇒ディープインパクト産駒圧倒的、その他ダイワメジャー、キンカメに注意

過去10年で5勝している、ディープインパクト産駒が圧倒的。3着以内も11頭おり、複勝率も28.2%と高い数字を残している。その他は出走数が少ないが、ダイワメジャー、キングカメハメハにも注意したい。

今年のメンバーで上記に該当するのは、アールドヴィーヴル、アカイトリノムスメ、エンスージアズム、ククナ、サトノレイナスの5頭。

馬体重⇒460kg以上が優勢

2012年のジェンティルドンナが456kgで勝利して以降、8年連続で460kg以上の馬が勝利している。坂のある阪神コース、開催が進んだ後の荒れ馬場によりある程度のパワーが求められるだけに、軽量馬は苦戦傾向。今年出走メンバーで前走460kg以上だった馬は、エリザベスタワー、サトノレイナス、シゲルピンクルビー、ストライプ、スパークル、ソダシ、ソングライン、ファインルージュ、ミニーアイル、メイケイエールの10頭。


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

報知杯フィリーズレビュー2021全頭評価(前編)

3着までに桜花賞の優先出走権が与えられるトライアルレース。今年はスピード自慢の快速馬が多く、ハイペースは必至だろう。これまでのレースからやはり阪神ジュベナイルフィリーズのレベルが高く、ここに出走してい …

no image

フェブラリーS2021展望・過去10年分析

過去10年の1~3着馬・馬齢・枠順・馬体重・ローテ・血統 ◆リピーターの活躍が目立つ 過去10年で、3着以内に2回以上来たことのある馬が6頭。 ・ワンダーアキュート(2012年3着、2013年3着) …

no image

種牡馬考察①_リオンディーズ産駒

新種牡馬について特徴や買い時を考察していきたいと思います。 今回はリオンディーズ産駒について紹介します。 先日、産駒のピンクカメハメハがサウジダービーを制覇したことが記憶に新しいところです。 2021 …

no image

安田記念2021全頭評価(前編)~ポイントは高速馬場適性~

今年の安田記念のポイントは高速馬場への適性だろう。今開催の東京マイルG1のNHKマイルカップ、ヴィクトリアマイルはいずれも1分31秒台での決着となっており、おそらく安田記念も高速決着が見込まれます。と …

no image

ダービー卿CT2021全頭評価(前編)

スポンサーリンク 安田記念の前哨戦の1つ。今年のマイル路線は混戦で、京都金杯や東京新聞杯も波乱の決着となっており、ここも荒れるムードが漂う。人気を集めそうなのは、前走重賞初勝利を飾り、目下3連勝中のカ …