未分類

桜花賞の軍資金稼ぎはこれだ~2021年4月10日中山競馬レース予想

投稿日:

スポンサーリンク

中山1R C

◎10リュウノクララ

ここは激流必至の組み合わせ。初勝利を目指す横山琉Jのノアファンタジーに、逃げ馬マザーフェイヴァー、アウリッシュがいて、先行したいキュートランやエミーブリッツなどハイペースで流れるだろうここは中団からさせる馬を狙いたく、リュウノクララに白羽の矢を立てた。前走は芝だったが、相手関係は揃っておりレベルの高いレースだった。2走前もNZTに出走するワザモノの2着で能力は確か。ここは、初ダートがポイントになるが、母と祖母の勝鞍は全てダートであげたもので、父クリーンエコロジーもダートでオープン3着の実績がありこなせると見たい。デビューから4戦とも横山和Jが手綱をとっており、調教でも跨がって癖もつかんでいるだろう。

中山3R C

注8オープンワールド

2走前の中京でのレースの内容が良かった。先行馬が残る中、外を回り4着まで差してきた内容は良くもまれずに運べれば、未勝利は突破できる力のある馬。前走は距離が長く、差しの決まる中山1200mに替わり、スムーズにさえ運べれば馬券内ある1頭と見ます。

中山6R C

注10ジョブックルーチェ

4走前の札幌での4着したレースが好内容で、能力はある馬。ここはダート替わりは魅力で、休み明けを叩かれた上積みも大きく人気も出なさそうなので大穴でおさえておきたい馬。

スポンサーリンク

中山7R C

◎13サイファーシチー

〇4ビーマイベイビー

▲16ボイラーハウス

★10スイートクラウン

△2,5,7,9,14

本命はサイファーシチー。前走内容が良く、もまれない競馬ができれば力を発揮できる。ここは外めの枠を引き、減量騎手起用で期待。ビーマイベイビーもダートでは、1勝クラスを既に突破しているラストサムライに勝利したことがあるように適性は高い。内枠からスムーズに先行できれば。ボイラーハウスは休み明けを叩かれ上昇。この舞台得意のアジアエクスプレス産駒。スイートクラウンも未勝利でボイラーハウスに勝っており、もまれずに運べればチャンスあり。スタート決めればニシノエルサが怖い。

中山9R B

◎12ネガイ

叩き良化型の馬。今回も休み明けを叩かれ調教の動きも上向いており、過去のレース内容からも距離短縮も問題なくこなせ、ここは妙味ありの1頭。

中山11Rニュージーランドトロフィー B

重賞予想バトルにて公開。注目は下記。

アヴェラーレ:能力上位。馬体減りさえなければ重い印。

バスラットレオン:能力上位。輸送でテンション上がりすぎなければ。

ワーズワース:穴ならこれ。兄カシアスも芝で走っており、リオンディーズ産駒のこの馬も芝向きの可能性も高い。

ドゥラモンド:前走は距離長く、折り合い欠いた。適距離のここは巻き返す。

中山12R B

◎2ミエノワールド

前走は怖がりな面を見せての惨敗。2走前の内容が圧巻でスンナリ逃げれば相当に強い馬。前走の失敗を活かしてここは逃げ競馬に出るはずで、そこそこのペースで飛ばしても簡単には止まらないだろう。


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2021年1月30日(土)東京競馬レース回顧、次走注目馬

次走注目馬 フクノルッカ(立て直して期待) レオカクテル(時計のかかる条件で大穴一発) フリーフロー(末脚活きる条件で再び) トラストロン(仕上がり途上叩かれ次走に期待) 東京1R 本命フクノルッカは …

no image

大阪杯2021全頭評価(後編)

スポンサーリンク サリオス牡4 57.0 松山・・・B前走マイルチャンピオンシップは初めて連対を外したが、大外枠に加え出遅れが痛かった。これまでも間隔をあけたローテで使われてきたように、レース間隔が詰 …

no image

2021年2月14日(日)小倉競馬全レース予想

小倉1R◎16スクウェアセイル◯1マテンロウルビー▲9スズカマクフィ★11ギブミーラブ△2,5,8,12,13 小倉2R◎15スカーレットジンク◯13ミエノベルル▲18クレマチステソーロ★9ジョージバ …

no image

2021年3月20日中山競馬全レース予想

1R◎14ノーマロエア◯16キタノドンポートロ▲10アイアンフラワー★1エコロワカ△2,3,6,8,11,12 ノーマロエアはここにきて着実に良化してきた。外めの枠を引けた今回、先行策をとってくれると …

no image

大阪杯2021全頭評価(前編)

スポンサーリンク 2017年よりG1に昇格し、春の中距離王を決める1戦。近年は、長距離G1天皇賞春よりも大阪杯に出走する馬が多くなり、格式高いG1になってきた印象。今年は、前評判では、昨年の三冠馬コン …