未分類

安田記念ウィーク平場注目馬~今週から新馬戦が開幕~

投稿日:

スポンサーリンク

今週から新馬戦が開幕し、3歳馬が古馬に交じっての戦いに。降級制度がなくなり、3歳馬優勢傾向があるだけに3歳馬に注意したい。

6月5日土曜日

中京競馬

5R

ラクスパラディー 

 兄弟にバウンスシャッセ、コントラチェック、ムーンクエイクなど重賞馬が並ぶ血統。この血統は気性面に難しさがあり、同馬も父ドゥラメンテで不安はあるものの調教の動きを見る限りはそこまで心配いらなさそう。3週連続好時計を出しており初陣から注目。

6R

ウインドラブリーナ

前走は8カ月ぶりの1戦で折り合いを欠く面もありながら、馬場の悪い内目を通る厳しい競馬で見直せる。2走前は鼻出血、3走前の小倉戦は抜群の手応えで回りながらも直線は行くところ行くところ詰まる不利があり、まともなら差し切っていたと思える内容。中京コースは未勝利勝ちがあり、距離短縮、叩き2戦目のここは前進あるのみ。

10R

フクサンローズ

典型的な夏馬。全4勝は全て7~9月にあげており、6~9月の成績は(4,2,1,4)、それ以外は(0,1,0,12)と戦績にもはっきりと表れている。ここは、6月に入り暖かいシーズンに突入1戦目ということで妙味込みで狙いたい馬。3走前ぐらい走れば通用すると思いますし、52㌔の斤量も魅力。

東京競馬

5R

コマンドライン

国枝厩舎×ルメールJの期待馬。アルジャンナの下で、すでにルメールJがダービーの予約をするほどの褒めようでどこまで強いか楽しみ。

【POG】「勝てるレベルに仕上がった」コマンドラインに国枝師自信/馬三郎のつぶやき | 競馬ニュース – netkeiba.com

10R

スマートクラージュ

前走は前半3ハロン33.2という超ハイペースを先行して唯一好走しており、能力の高さを見せた。未勝利戦で下した相手もレベルは高く、1400mならもっと上のクラスでやれる素質の持ち主。ここは鞍上をルメールJに替えてきて勝負の鞍。

11R アハルテケS

オメガレインボー

近2走上がり最速の脚を使っており、差す競馬が板についてきた。東京コースに替わり末脚がいきる展開になれば、近2走の脚質転換の効果が出せないか。

6月6日日曜日

中京競馬

6R

メイショウミカワ

毎回出遅れる馬だが、いつも直線は良い脚を使える馬。前走はスムーズさを欠く面があり、2走前はハイレベル戦、3走前も3着好走と未勝利ならスタートさえ決めれば勝てる能力はある馬。

9R

ドナウエレン

前走は後方有利展開を先行して3馬身差をつけており、力が違った印象。血統的にも期待馬で昇級でも52㌔なら即通用の器。

東京競馬

4R

ファインディーヴァ

ここ2戦が悪くない内容。前走は消極的な騎乗でもったいない競馬となったが、再度減量騎手起用のここは積極策なら替わる余地ありと見ます。血統的にも姉にクリアサウンドがおり、もっとやれてもいい馬と見ます。

7R

レイニーデイ

前走は休み明けで太目残りに加えて、差し決着を先行する厳しい競馬となった。それでも4コーナーでの手ごたえは良く、叩けば替わると思える内容だった。54㌔なら古馬相手でも通用して良い。

11R 安田記念

ケイデンスコール

下記記事参照。

安田記念2021全頭評価(前編)~ポイントは高速馬場適性~


最強競馬ブログランキングへ

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

桜花賞2021全頭評価(前編)

スポンサーリンク 牝馬クラシック第1弾となる桜花賞。三冠レースの中で最も距離が短く、スピードが求められるが阪神コースの最後の坂に耐え得るパワーも必要となってくる。今年は、阪神ジュベナイルフィリーズ1, …

no image

2021年2月14日(日)阪神競馬全レース予想

阪神1R◎13ドローム◯8ゴールドフィンガー▲14クローズネスト★3スマートネクタル△1,9,11,12,15 阪神2R◎5テーオーアングル◯1ラインポラリス▲9サンライズヘリオス★8ケイアイロベージ …

no image

スプリングステークス2021全頭評価(後編)

ボーデン牡3 56.0 川田・・・A前走未勝利戦は2着に6馬身差をつける余裕のある勝ちっぷりで、勝ち時計1分45秒2はこれまでの3歳限定の東京1800mのレコードタイムを0.8秒上回る破格のタイム。母 …

no image

フェブラリーS2021全頭評価(後編)

スマートダンディー 牡7 57.0 秋山・・・C前走も詰まる不利があり、距離1400mならこのメンバーでも面白いと思えたが、1600mは条件戦でも取りこぼしていたように、やはり長い印象。人気はしなさそ …

no image

フラワーカップ2021全頭評価(前編)

賞金が足りない馬にとっては、桜花賞出走への最終便。ここで賞金を加算すればオークスへの出走も見えてくるだけに、どの馬も2着以内に入りたいところ。過去には、ダンスインザムードやシーザリオなどを輩出しており …